<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶


みなさんこんにちは。店長の黒川です。

今日は12月31日、大晦日ですね。
2008年も今日で終わりです。
R&BLUESは9月27日にオープンしたので、ちょうど3ヶ月が経ちました。

銀座の小さなビルの6階にあり、おまけに入り口も分かりずらいというロケーションにも関わらず、この3ヶ月の間にご来店いただきましたお客様に心から感謝を申し上げます。おかげ様でスタッフ全員、とても充実した時間を過ごしつつ今年1年を締めくくる事ができました。本当にありがとうございます。

とはいえ、私たちはまだまだ生まれたばかりの、小さな芽を出したばかりの若木です。これからしっかりと根を張り、大きく枝葉を茂らせ、成長していかなくてはなりません。

連日テレビや新聞では暗いニュースを見聞きしますが、周囲の環境がどう変わっても私たちがやりたい事、目指している事は変わりません。

本ブログ開始当初にもごあいさつで申し上げましたが、今という時代は様々な物や情報が溢れています。その中でひとりひとりが自分だけの答えを見つけていくことは、大事なことでもあり、また最も難しいことでもあるように思います。

私たちの仕事は、ファッションを通じてお客様が小さな答えに出会うためのお手伝いをする事だと思っています。何かのご縁で皆様と出会い、そこに物以外の何かを残す事ができれば、それに勝る喜びはありません。

2009年も、皆様と共に小さな答えを探し続けるR&BLUESでありたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。


    2008年12月31日 R&BLUES銀座店 店長・黒川大輔

[PR]
by randbluesginza | 2008-12-31 16:58

"LEON 2月号"


こちらLEONの2月号、P75とP126にR&BLUESのOriginal A-1ブルゾンが掲載されています。機会があれば是非、CHECKしてみて下さい!!
e0147787_1838879.jpg

雑誌に掲載されている色は、P75がダーク・ブラウン、P126がタバコ色の物になります。
e0147787_21151920.jpg

全4色展開です。(手前より、ネイビー、タバコ、ダーク・ブラウン、ブラウン)
PRICE:¥81,900
Fabric: Goat

Size Spec
【44】 着丈:62 肩幅:44 袖丈:66 チェスト:106 ウエスト:98 
【46】 着丈:64 肩幅:45 袖丈:67 チェスト:110 ウエスト:102
【48】 着丈:66 肩幅:46 袖丈:68 チェスト:114 ウエスト:106
【50】 着丈:66 肩幅:47 袖丈:68 チェスト:120 ウエスト:112

お蔭様で大変ご好評いただいており、在庫も少なくなって参りました。今期の再入荷はございませんので、ご希望の色・サイズが売り切れの際はご了承下さい。

[PR]
by randbluesginza | 2008-12-25 19:14 | Press

"Merry X'mas from R&BLUES!!"


今日はクリスマス・イブ!! 明日はクリスマス!!
素敵な2日間になりますように、Cheers!!


Wishing You All A Very Merry X'mas!!
e0147787_1745483.jpg


[PR]
by randbluesginza | 2008-12-24 17:49

"Product information 08~09 A/W Vol.9"


今回紹介するアイテムは、"Jacob Cohen(ヤコブ・コーエン)のワークパンツ"です。テーラード・ジャケットに合うデニムという事で雑誌等でもよく掲載されている"デニム界の貴公子"的存在のヤコブ・コーン。このように言っているのはたぶん私だけですが...一度足を通すと履き心地とそのシルエットの良さは歴然です!!
ヤコブ・コーエンは"仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ"をコンセプトに、1985年にイタリアで創立したブランドです。工程の大半がハンドメイドというそのこだわり。素材には岡山産のデニムを使用し、イタリアで縫製。商品一点、一点にアフターケアに関する説明書を付属する等、商品に対するこだわりだけでなく購入者への親切心が行き届いた本物のデニムパンツを発信するブランドです。アイロンワークを駆使して作られたクリース入りのデニムシリーズ "J610""J620""J688"だけでなく、このようなワークパンツ・テイストの物も展開しています。
e0147787_19223986.jpg

こちらのパンツは股上が適度に浅めでコットン100%のキャンバス地になります。
Jacob Cohen
Price: ¥35,700(税込)
Size: 29 ~ 34
e0147787_19143971.jpg

[Front] テーラード・パンツでよく見かけるベルトループ・ステイや、数多くの手の込んだ刺繍が内外に施されています。
e0147787_19144857.jpg

[Back] バックポケットがとてもユニークです。
e0147787_19145995.jpg

ヤコブのデニムシリーズ同様、お尻周り(ワタリ部分)のシルエットがすっきりしているのでとても気にっています。ディテールに関しても写真では分かりにくいんですが、膝部分に共地のパッチが施されています!!
Jacket: エヴァ工房・Tweed JK / Price ¥45,150
Pants: Jacob Cohen / Price ¥35,700
御来店の際は是非CHECKしてみて下さい!!

今年も残すところ後わずかですね。忘年会シーズンに突入していますが、是非お酒を飲む前(飲んだ後)には"ウコン"を飲んで肝臓(胃を含む)を労わってから大いに盛り上がりましょう。
R&BLUES
:年内営業 12月29日まで
:年始営業 1月4日より


[PR]
by randbluesginza | 2008-12-22 11:06 | Product Info

"Custom Jeans Vol.8"


今日はR&BLUESのオーダーデニムのスタッフ仕上がり品を紹介したいと思います。"&B 麻布テーラー銀座SIX" 三枝店長のセルビッチ付デニムです。お忙しい中、ブログにご協力いただきました。
e0147787_12143873.jpg

Price: 32,550(税込) 【オプション込みオーダー価格】
Fabric : 14oz セルビッチ Denim (品番:ORM-004)
e0147787_12454952.jpg

バックスタイルです。ビンテージデニムっぽくタイト過ぎず程よくゆとりのあるサイズ感。ポケットの深さを1.0cm浅めに設定。ステッチの色を黄色で統一し深いインディゴ・ブルーと凄く綺麗にマッチ!!
※ポケット幅・深さ指定:¥1,050(オプション料)
e0147787_12151053.jpg

"赤耳"付きのRAWデニムをロールアップ。クレープソールのスエード・レースアップシューズと、このロールアップ幅のバランスが絶妙ですね。スーツの裾(ダブル仕立て)と同じで4.0~4.5cmぐらいの幅が一番バランスいいですね。
e0147787_1215297.jpg

ドーナツボタンのボタンフライ。履き込むとジッパーフライよりもフロント部分の"アタリ"の出方が綺麗です。※ボタンフライ:¥1,575(オプション料)
大変ご好評頂いているこちらのオーダーデニム、生地は全部で40種類、納期は約1ヶ月、お値段も¥29400(オーダー価格)からお作りすることが出来ます。もちろん、&B麻布テーラー銀座Sixでもオーダーできます!

e0147787_12154247.jpg

Price: ¥60,900(税込)
size: S/M/L
Color: Navy / Brown
こちらのアウターはRefrigi Wear(リフリッジウェア)、アメリカ生まれ(1954年)のワークウェアブランドです。特に冷凍庫内という過酷な条件下で働く人が動きやすく、且つ極寒の中でも十分耐えられる作業服をメインに研究・開発していたメーカーです。そんなRefrigi Wearは以前紹介した"ブラウアー"同様、イタリアのデザインチーム合流を期に、機能性は従来のままでディテールに手を加え、よりスタイリッシュなデザインで展開し、イタリアで人気が一気に加速しました。私も実際着てみましたが、軽くて見た目以上にタイトな感じがします。
e0147787_12155460.jpg

リブが背中の袖付け部分に施されています。この辺りは"ワーク・ウェア"的な機能美が感じられますね。
e0147787_13325923.jpg

この犬のマークがRefrigi Wearの目印です。

御来店の際には是非CHECKしてみて下さい!!

[PR]
by randbluesginza | 2008-12-20 13:59 | Custom Jeans

"Product information 08~09 A/W Vol.9"


今日はR&BLUES、オリジナルの"Leather Blouson"を紹介したいと思います。素材はイタリア製の非常に柔らかいラムスキンを使用しています。身頃を程よく膨らませたブルゾンらしいフォルムをキープしながらも袖幅は細め、裾と袖のリブにはラインを入れた2色使いにしています。カジュアルスタイルに合わせやすいのはもちろん、白やグレイのウールパンツにタイドアップと言ったコーディネートにでも綺麗に合うアウターとなっています。
e0147787_16445341.jpg

R&BLUES Original Leather Blouson
Price : ¥71,400(税込)
Size : 44/46/48/50
Color : Brown / Black / Olieve (右側より)

e0147787_16451561.jpg

フロントはダブルジップとなっています。
e0147787_16453597.jpg

首元にはスナップボタン付きのベルトが付いてます。風の強い日には襟を立てたり、スナップボタンを止めマフラーなどを巻いてもいいですね。
e0147787_16454527.jpg

こちらスタッフ中村は、白シャツに黒ニットタイ、グレイニットに白のウールパンツといったモノトーンなコーディネートにこのLeather Blousonを合わせています。
大変御好評を頂いている"R&BLUES A-1 Suede Blouson"だけでなく、こちらの"Leather Blouson"、"Leather Trench"といったレザー商品も取り揃えておりますので、御来店の際には是非CHECKしてみて下さい。


[PR]
by randbluesginza | 2008-12-18 19:26 | Product Info

"Product information 08~09 A/W Vol.8"




本日ご紹介するアウターは、日本でもその認知度が年々高まってきているイタリア・アパレルブランド"ASPESI(アスペジ)"です。1967年に創立したこのブランドの創立者はアルベルト・アスペジ(ALBERTO ASPESI)。特に今回紹介するアスペジ"M-65"タイプは、アスペジのみならず様々なブランドが展開しているミリタリー・デザインです。手の込んだディテールにもかかわらず、着てみるとシルエットがスッキリしているところが魅力です。このデザインはカジュアルなスタイルにはもちろん、スーツにも以外と合わせやすく"スーツ+M-65"といった着こなしの人気も少しずつ高まり、チェスターコートやトレンチコートだけでなくこういったカジュアルアウターをスーツスタイルやジャケット×パンツで合わせる方が増えてきました。
e0147787_12482097.jpg

今回のモデルを麻布テーラー銀座3rdの木村さんにお願いしました。商品引取りのために来店していたのですが...ご協力誠にありがとうございました。チャコールグレイのパンツに千鳥格子のジャケット、アクセントカラーにR&BLUESの「赤」のカーディガンというコーディネート。
e0147787_12484590.jpg

ジャケットを脱いでアスペジを羽織って頂くと...チャコール・グレーのウールパンツにタイドアップと言ったスタイルの上に着てもすごく似合っています!このようなコーディネートは細身のアイテムでまとめるのがポイントですね。
ASPESI M-65 (SHORT) 
Price :¥97,650(税込) 
Size : S / M 
Color : Navy / Grey
R&BLUES Original Cardigan
Price : ¥11,550

e0147787_12495666.jpg

この"胸ポケット2つ×腰ポケット2つ"のデザイン、M-65の代名詞ですね。全てがスナップボタン止めになっています。そして、このスナップボタン全てが生地の裏地に縫い込まれており、金属部が服の表に 露出しないようになっています。これは戦争時、金属部が他の装備品に触れ音が立たないように取られた縫製策と言われたりもしています。

そしてもう1つのアスペジM-65は、上のタイプよりも丈が少し長いタイプです。なのでジャケットの上から羽織ってもジャケット裾がアウター裾から出ません。
(若干出たりするのも、それはそれで格好いいんですけどね。)
普段このタイプのネイビーを愛用している店長・黒川に今日はカーキ色を着てもらいました。
e0147787_13413813.jpg

ASPESI (Long)
Price :¥127,050
Size :S / M
Color :Navy/Khaki

e0147787_13422333.jpg

フロントのフラップ付4Pocket。胸ポケットが「ハ」の字の形で付けられています。また、ウエスト部分には"ドローストリング"と呼ばれる引き紐が付いてます。当時はこれをギュッと引っ張り生地を体に密着させてより機動性を高めたり、 寒さを防いだりしたそうです。
e0147787_13552882.jpg

実際のM-65でも採用されていたエポーレットと背面ジッパーの中にあるフード。この辺りのディテールのこだわりは流石です。
e0147787_1344156.jpg

ライニングの取り外しが可能です。春・秋にはラインニング無しで着用できます。

ASPESIのM-65 Typeいかがでしたでしょうか。
Long丈のものを愛用している黒川店長も『ミリタリーのアウターは野暮ったくなりがちですが、このアスペジは少し大人な雰囲気のスッキリした形なのですごく気に入っています。素材はポリエステルとナイロンですが、表地はコットンのようにしっとりとした高密度な素材なので質感や耐久性も◎。むしろコットンより使い勝手が良いです。ライナーの"Thermore"もダウン並みの暖かさ!』と大絶賛。
御来店の際は是非Checkしてみて下さい。

今日の余談ですが...."M-65"について少し書いて見たいと思います。
このM-65は1965年に正式採用されたので"M-65 Field Jacket"と呼ばれています。第二次世界大戦(1939~1945)から朝鮮戦争(1950~53)において着用されたきたM-41やM-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継として誕生したのがM-65です。約40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けました(1990年頃、軍納入完了)。
M-51とM-65は似ている点も多いのですが変わった部分としては、何と言ってもやはりその素材の変化にあったと思います。M-51が綿100%という素材に対して、M-65では「ナイロン」という当時では新素材のものを混紡した「綿×ナイロン(コットン・ナイロン)」という構成を取っています。ナイロンの特徴である速乾性と耐久性、 綿の特徴である保温性と吸湿性。こういった機能性が、ベトナム戦争中(1959~75)に米軍等が悩まされた東南アジアならではの天候「スコール」、特に南ベトナム高地で降ったスコール後の寒さから兵士の身を守ったと言われています。その他の主な変更点は衿がシャツ衿から"立ち襟(スタンド・カラー)"になり、また裏地が取付けられ二重の構造となったため若干保温性が向上しました。 このように様々な天候で要求される兵士の"シーン別・ニーズ"に上手く対応し続けてきた事が、永く愛用された理由の1つだと思います。


[PR]
by randbluesginza | 2008-12-14 15:50 | Product Info

"MEN'S CLUB 1月号"


ハンサム男の作り方を教えてくれる雑誌、MEN'S CLUBの1月号の『編集者の自腹衝動買い・大人買い・計画買い』というページにてR&BLUESのオーダーデニムが掲載されています。
機会があれば是非Checkしてみて下さい。


(表紙) 今どきのお仕事スタイル基本の「き」
e0147787_1657292.jpg

(P206) お蔭様でオーダーデニム、大変御好評頂いております!!
e0147787_16593169.jpg


[PR]
by randbluesginza | 2008-12-10 19:17 | Press

"Product information 08~09 A/W Vol.7"


今日はR&BLUESの"Original Learther Trench"を紹介したいと思います。トレンチコートの簡単な説明を"カシミア・トレンチ(フォルダ:Coordinate Vol.6)の紹介ページに書いおりますので、機会があれば是非ご覧下さい。
冬のアウターの中でトレンチコートは人気の高いアイテムですが、同時に"野暮ったい"、"重たい"といったマイナス・イメージ持つ方も多いのではないでしょうか。こういったイメージを打破するポイントとして、コートの"フォルム"と、本格的なディテールにも関らず重々しく見えない"洗練された表情"ではないでしょうか。
こちらのR&BLUESのレザー・トレンチ、素材はイタリア製の柔らかいラムスキンを使用しています。フォルムは身幅を程よく絞り、着丈も少し短めにしてより動きやすくモダンに。ディテールに関しても細部にこだわり、エポーレット/チンウォーマー/ガンパッチなどといった仕様、ボタンには艶の有る水牛ボタンが施されてます。トレンチが持つシックなイメージと機能性はそのままで作られています。
e0147787_14108.jpg

R&BLUES Leather Trench
Price: ¥126,000(税込)
Size: 44,46,48,50
Color: Brown / Olive / Black

そして前回に引き続き、今回のモデルもR&BLUESスタッフではなく、麻布テーラー神田店の野間店長にお願いさせて頂きました。『トレンチコート⇒英国⇒野間店長しかいない!!』という流れが私の頭の中で一瞬にして浮かびました。お忙しい中、ご協力誠にありがとうございました。
e0147787_1555990.jpg

限りなく黒に近いOxford Greyの3Piece Suitに紺ストライプのクレリックシャツ、紺ドットタイ、黒セミブローグの内羽根シューズ。そんなMr.NomaがR&BLUESのレザー・トレンチコートを羽織りハットを持つと...(↓)
e0147787_14272433.jpg

"ヒースロー国際空港から成田空港へ舞い降りた親善大使!!(?)" or "トレンチコートの襟を立て、紙巻きタバコを吹かすハンフリー・ボガート(映画俳優)!!(?)" 野間店長ありがとうございました。ベルトを強く締めすぎず緩やかに結んでいる所が凄く好きですね。
R&BLUESのOriginal Learther Trench、御来店の際には是非CHECKしてみて下さい。


ここからは余談話ですが...
そう言えば沢田研二が『♪ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった!!』と歌っていました、確か曲名は【カサブランカ・ダンディー】。ウイスキーを口に含み霧吹きするパフォーマンス...凄いですね。この沢田研二の歌に出てくる"ボギー"は、ハンフリー・ボガートの愛称です。また"トレンチ&紙巻タバコ"といったキザなハンフリー・ボガートのスタイルをボギー・スタイルと呼んだりもしたそうです。


[PR]
by randbluesginza | 2008-12-09 11:32 | Product Info

A/W'08

"Life-Style Coordinate Vol.7"

今日はR&BLUESの"Made of Cashmere Series 3"、カシミア・ジャケット、カシミア・トレンチコートに続き"カシミア・G-9ブルゾン"を紹介したいと思います。そして、そのモデルをR&BLUESスタッフではなく、スタッフ全員がいつもお世話になっている"SARTORIA TAGLIO D'ORO 重留部長"にお願いさせて頂きました。実は同じビルにお店があります。
SARTORIA TAGLIO D'OROは、「SLOW」「SEXY」「STYLISH」の3つをブランド全体を作り上げるキーワードにしているイタリア式高級仕立て屋です。お忙しい中、ご協力誠にありがとうございました。
(SARTORIA TAGLIO D'ORO URL:http://www.tagliodoro.com/

このG-9は、ヘミングウェイやフランクシナトラ、スティーブマックイーン、デビッドボウイ、サー・アルフ・ラムゼーといったセレブリティー達が愛用していたことでも有名です。もともとのモデルは1930年代の英国軍用フライトジャケット、バラクータ社がこれをベースに1948年に防風・防水加工を施した「バラクータ・ゴルフジャケットモデル9」を展開しました。通称"G-9"として知られるこのジャンパーは、半世紀以上にわたり、世界中で愛されています。
e0147787_9531785.jpg

Price:¥118,650(税込) 【オーダー価格】

トップスに茶タイ+紺ニット、ボトムスにはグレイのウールパンツ+スエード靴といったビジネス・スタイルに、このカシミア・ブルゾンを合わせて頂きました。「ブルゾン」というアイテムにはカジュアル(デニムやコットンパンツ等に合わせる。)というイメージの方が強いですが、このようなビジネス・スタイルにでも充分着回せます。こちらはオーダー品となりますので、「Wool/Cotton/Leather」と言った素材からお作りする事が可能です。またボタン・裏地・ポケットスタイル等もお選び頂ける様になっておりますので自分だけのG-9を仕立てることが出来ます。
※納期は45日頂いております。
R&BLUESの"Made of Cashmere Series"はいかがでしたでしょうか?御来店の際は、写真では伝わりきらない上品な"カシミア感"を是非Checkしてみて下さい!!

今日の余談は...自己満足で書かせて頂きます。
上記でも挙げたG-9を愛用した人物の1人、「サー・アルフ・ラムゼー」に関して少し書いて見たいと思います。この方をチョイスした理由は単純に私がサッカー大好き少年だったからです。
アルフ・ラムゼーはサッカーイングランド代表の監督(1963~1974)です。イングランドは1950年の第4回ブラジル大会から参加しましたが、米国にまさかの敗退。スイス大会・チリ大会においてはベスト8が最高でした。イングランドは世界のトップから立ち遅れたことを認めざるをえなく、1966年の第8回W杯・地元イングランド大会(同国協会創立100周年のメモリアルな大会)に挑みました。この大会はサッカーの「母国」としてのPRIDEを世界にアピールする大会でもあり、そんなW杯で見事優勝を飾ったイングランド。ウェンブリーでのドイツとの決勝を4―2で制した時の代表監督がアルフ・ラムゼー。後にアルフ・ラムゼーは「サー」の称号を与えられる事になりました。
[PR]
by randbluesginza | 2008-12-06 11:52 | Coordinate