<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

A/W'08

"Life-Style Coordinate Vol.6"

R&BLUESの"Made of Cashmere Series 2"の今日は、ラグジュアリー感のある"カシミア・トレンチコート"を紹介したいと思います。
こちらのトレンチも一味違った上品なシティ・スタイルというポイントに重点を置いて、通常ならウール・綿などのギャバジン素材(バーバリー社が発明)が使われるところを、一味違った上品トレンチにする為にライトグレイのカシミアを選択。ディテールに関しても色々なシーンにて着用できるように、通常たくさん施されているディテールの中から厳選しています。

e0147787_17123159.jpg

Trench Coat : Price ¥139,650(税込) 【オーダー価格】
Gloves : Price ¥20,790(税込)

e0147787_1714139.jpg

この大きな衿はトレンチコートの代名詞ですね。
e0147787_17141296.jpg

エポーレット(肩章)...これは水筒や双眼鏡、拳銃の吊り紐などを吊って、両手を空けておくためのものだったそうです。
e0147787_17142372.jpg

当時は手首のストラップを絞る事により寒さから身を守り、雨の浸入を防いでいたそうです。
e0147787_1715534.jpg

もちろんオーダー商品ですので、デザインやシルエット、素材等は自分流に変更できます。御来店の際には、ぜひカシミア特有の"色目"や"肌触り"をCheckしてみて下さい。次回はカシミア素材のG-9ブルゾンを紹介したいと思います!!
(注)トレンチコートの納期は約45日程頂いております。

今日の余談...
トレンチコートの"Trench"には塹壕(ざんごう)という意味があります。第一次世界大戦のフランスとドイツ間の西部戦線における戦闘が膠着し、長期的な塹壕戦となりました(第一次大戦は塹壕戦がメイン)。その頃、英軍からこの寒冷な欧州戦に対応する防水型軍用コートが求められたことから開発されました(バーバリー製で統一)。トレンチの原型自体は既に1900年頃には考案されており、第一次大戦における普及が一般市場への広がりの契機となったようです。またトレンチコートは、戦闘用にデザインされたものなので、多くのディテール/デザインが施されている点から「機能の集合体」とも言えますね。
[PR]
by randbluesginza | 2008-11-30 19:27 | Coordinate

A/W'08

"Life-Style Coordinate Vol.5"

銀座の街並みも一気にクリスマスモードに入ってきました!!
今日のコーディネートのポイントは"金曜日"と言うこともあり、仕事終わりの....といっても何もないんですが...カジュアル寄りにまとめてみました。全体の95%を紺/茶ベースの"単調・無地"で合わせ、Vゾーンに派手目な2パターン(ペイズリーとマイクロチェック)を持ってくる事によって、"表情"を出してみました。
ジャケットはツイード素材で、家の洗濯機で洗いをかけた『自家製-washed-ツイードJK』です。サイズが少し大きめだったんですが、とても良い感じに生地が縮みました。後、写真では分かりにくいんですが生地表面にUSED感がかなり増しました。
(洗う前はかなり冷や冷やしましたが....。洗いの縮み加減に関しては、"差"がありますのでご注意下さい。)
e0147787_12543065.jpg

こちらのジャケット、ツイード素材にもかかわらず非常に軽く、肩パッドも入っていないので肩周りがすごく楽です。
Jacket: エヴァ工房・Tweed JK / Price ¥45,150
Pants: Area Code / Price ¥22,050
Knit ・Tie: 私物

e0147787_1150957.jpg

ディテールもかなりこってます!!スクエア・エルボーパッチ、腰ポケットにはチェンジポケット+パッチ&フラップポケット。アジャスターも付いているので若干絞ることもできます。
e0147787_1149278.jpg

こんな所にハンガー・フックも付いてます。
e0147787_1244426.jpg

Vゾーンは、ラウンド・タブカラーのクレリックシャツに、大先輩から頂いた大切な茶のペイズリータイ。この約54平方㎝(12×9÷2でした。)のVゾーンで限りなく遊んで見ました!!
e0147787_1148326.jpg

"タブ"....こんな感じになってます。タブカラーの特徴は、タイのノット部分がタブによって持ち上げられるのでVゾーンに立体感を与えてくれます。「次はちょっと違ったシャツ衿で行きたいな~。」とお考えの方、私がお薦めする"タブカラー"はいかがでしょうか。

こちらのツイードジャケット、現在店頭にS/M(各1点)、L(2点)となっております。ご来店の際は是非CHECKしてみて下さい!!
[PR]
by randbluesginza | 2008-11-28 14:37 | Coordinate

"Custom Jeans Vol.7 ~Parts - 3 "


今日はオーダーデニムのParts-3、革パッチとフロント部分を紹介したいと思います。パッチに関しては、黒と茶の牛革(R&BLUESの焼印)とヘアハイド(全3色)からお選び頂けます。
e0147787_16232123.jpg

フロント部分に関しては、ジッパーフライとボタンフライの2種類になります。
(ボタンフライ:オプション料 ¥1,470)
e0147787_1621858.jpg

ボタンフライの方がフライ部分の"アタリ"を楽しむ事ができます!!
e0147787_16333027.jpg


どちらも小さくて目立たないディテールですが、自分だけの"こだわり"として見れば大きなポイントとなってきます。私はジッパーフライのデニムを1本も持ってないので上手くジッパーフライの良さを伝えられないんですが...ボタンフライの良さなら伝えられます!!
それは、『(トイレの後)閉め忘れが無い!!』と言うことです。

今日の余談は.....
『ジッパーフライとサンフォライゼイション(防縮加工)との深い関係』
について書いてみたいと思います。

現在、ジーンズのフロント部分は"ボタンフライ""ジッパーフライ"の2種類あります。現在市場に出回っている割合で言えば、ジッパーフライの方が多いと思われます。しかし、1920年代の初頭までジーンズのフロントはボタンフライでした。そして、1926年にあの有名デニムブランド"Lee"が世界で初めてジーンズにジッパーフライを採用しました。これはかなり画期的なディテール・チェンジだった事が推測できます。
しかし、ジーンズにジッパーフライを取り入れるにあたって大きな課題もありました。それは.....生地の『縮み』です。洗うと縮む当初のジッパーフライ・ジーンズには、履きこんでいくと生地が縮み、ジッパーの噛み合わせが悪くなり壊れやすいという弱点がありました。
この課題を打破したのが"サンフォライゼイション"と呼ばれる防縮加工でした。
これによりデニムは縮ませて体型に合わせる="shrink to fit"という従来の考え方に対して、まったく新しい"防縮"という方向性が生まれました。
防縮加工についてもう少し詳しく説明すると、1928年アメリカのカルエット・ピーボディ社のサンフォード・カルエット(Sanford L.Cluett)が生地の縮み率を1%以下(それまでは約10%もの縮み率)に抑える防縮加工を発明しました。(この加工名は本人の名前から取られて『サンフォライゼイション』)
それは生地に一定の水分を与え、加工機により強制的に収縮させながら安定化させるという手法でした。この技法は最初同社のシャツ(アロウ・シャツ)に採用されてましたが、他社からライセンス契約の申し込みが殺到し、ジーンズにも使われるようになったそうです。これによりジッパー付きのデニムワークウェアなどが、1936年以降急速に普及したそうです。

今回もほんの少しだけマニアックな部分もありましたが、いかがでしたでしょうか。
"モノ"の歴史が長ければ、その過程には必ず色んなドラマがあるっていう事ですね。
次回はスタッフのオーダーデニムを紹介したいと思います!!

[PR]
by randbluesginza | 2008-11-26 19:22 | Custom Jeans

"Product information 08~09 A/W Vol.5"



今日は"オロビアンコ(ITALY)"を紹介したいと思います。
オロビアンコ(Orobianco)は、1996年、ジャコモ・ヴァレンティーニさんとエリサ・ロヴァティさんによって創設されたファクトリーブランドです。ミラノ近郊のガララーテにファクトリーがあり、レザーとナイロンをベースにしたバックを中心に革小物なども展開しています。

R&BLUESで展開しているタイプは全3種類です!!
e0147787_18271194.jpg

(手前2つ) Price:¥20,790(税込)   Color:Orange/Navy

e0147787_18281311.jpg

Price:¥40,950(税込)   Color:Navy/Orange/Grey
鞄の出入れ部分をゴムで絞る事ができるので、コンパクトに肩掛けできます。

e0147787_18284049.jpg

Price:¥51,450(税込)   Color:Navy/Gold/Grey
持ち手が広く付けられているので肩掛けもしやすく、またポケットが外に5つ、内に1つとたくさんあるので機能性GOOD!!

もちろん機能性の面だけでなく、洗練されたデザイン力によって表現される"モダン"な部分もまた高い人気の要因です。ご来店の際は、是非CHECKしてみて下さい!!


[PR]
by randbluesginza | 2008-11-24 22:31 | Product Info

A/W'08

"Life-Style Coordinate Vol.4"

今日から3回連載で、R&BLUESの"Made of Cashmere Series"を掲載していきたいと思います。今日はPart-1として、ラグジュアリー感のあるR&BLUES"カシミア・ジャケット"を紹介させて頂きます。フランネルやツイード等のベーシックな素材のジャケットをすでにお持ちで、一味違った上品なジャケットを作りたいなと思っている方にお薦めするのがこちらです。素材(生地)・ディテール共にラグジュアリー&フォーマルな雰囲気ですが、ラペルに"切替え線"を入れたり衿裏に"R&B刺繍"などのヒネリを入れてあるので、「いかにも」なフォーマルにはならない仕立てになっています。
 中には黒のタートルネックを着せ、パンツには1washの綺麗目デニムを合わせています。
Jacket Price:¥79,800 (オーダー価格)
Denim 【Jacob Cohen Type-688】Price:¥35,700(税込)
Muffler 【London Tradition】Price:¥16,590(税込)

e0147787_12481685.jpg

カシミア独特の風合い・光沢感がとても綺麗です。
e0147787_12484721.jpg

遠目で見ると無地に見えるこの"切替え線"が入ることにより、堅すぎない印象を与えてくれます。また、この切替え幅部分に別の生地を使用することも可能です。(※オプション)

e0147787_12491193.jpg

共地くるみボタン:フォーマル性の高いディテールの1つですね。
e0147787_12493388.jpg

拝みボタン:こちらもフォーマル・ジャケットでよく見るディテールです。
e0147787_1250586.jpg

風が強い日にちょっと衿を立てると.....衿裏共地とR&B刺繍。

 今回はタートル・ニットと綺麗目デニムであわせましたが、白のウイングカラーのシャツ、蝶タイ、ウーステッド(梳毛)フランネルのパンツなどに合わせて、よりフォーマルにコーディネートする事もできます。もちろんオーダー商品なので、デザイン・仕様は自分流に変更できます。
 こちらのジャケットの他にも、同じカシミアを使用したG-9ブルゾンやトレンチコートも現在サンプル作成中なので、仕上がり次第ご紹介していきます。お楽しみに!
[PR]
by randbluesginza | 2008-11-23 15:05 | Coordinate

"LEON 1月号"



"必要なのはお金じゃなくてセンス"と言うことを教えてくれる雑誌、LEON1月号にR&BLUESのスエードブルゾン・A-1タイプが掲載されています。インナーやボトムスの組み合わせ1つで、スポーティからドレッシーまで幅広くコーディネートできるこちらのアイテム!!
機会があればぜひご覧下さい。


e0147787_1756040.jpg



P65: タイトルが『今どきのスエードブルゾンは"素材感"と"軽快感"がキモ』です!!御好評頂いているこちらのブルゾン、冬の休日スタイルに重宝するアイテムですね。
e0147787_17574435.jpg


e0147787_185899.jpg

P:68 こちらではオーダーブルゾンが掲載されています。
(一番右のブルゾンです。)

e0147787_15102062.jpg

デニム・スエード靴と言ったカジュアルテイストはもちろん、ウールパンツ・ドレスシューズにも綺麗に合わせられるのがいいですね。

P65のブルゾンに関しては、フォルダの"Product Info"の中でもご覧頂けますので、そちらの方もぜひCheckしてみて下さい!!

[PR]
by randbluesginza | 2008-11-22 15:17 | Press

"OCEANS 1月号"



男として父として格好よくなるための雑誌"OCEANS"1月号に、R&BLUESが掲載されています。タイトルは『大人のカジュアル、極めつけショップのおすすめ2品』!!

e0147787_16144132.jpg


e0147787_1716025.jpg

P82~83 A-1スエードブルゾン、オーダーデニム

機会があればぜひご覧下さい!!
[PR]
by randbluesginza | 2008-11-21 17:37 | Press

"Custom Jeans Vol.6 ~ Fair Info ~"


R&BLUESでは、12月14日(日)までオーダージーンズフェアを開催しております。期間中にオーダージーンズをご注文頂いた御客様に、デニム製エコバッグをプレゼントいたします。あなただけの"オリジナル・デニム"、ぜひこの機会にお作りになられてはいかがでしょうか!!
e0147787_10345551.jpg

Price: ¥29400(税込)~
Period: 約1ヵ月


[PR]
by randbluesginza | 2008-11-21 10:58 | Custom Jeans

A/W'08



"Life-Style Coordinate Vol.3"


本日は"R&BLUESスタッフ・中村"のサイジングはモダンに、スタイルはクラッシックなコーディネートを紹介したいと思います。カジュアル服だけでなくスーツ/ジャケットでも今年多く見かける柄がチェック。そんなチェック柄スーツを綺麗に着こなす中村さんにコーディネートのポイントを聞いてみました。

『ご紹介授かりました中村です。今までグレンチェックスーツには無地のソリッドタイをメインに合わせていたのですが、今回は紺のドットタイをクラシック柄のスーツに合わせました。白無地シャツが柄の強いチェックと異なる柄のドットを上手く調和させてくれます。薄いブルーシャツなどとも綺麗に合います。R&BLUESでは、カジュアルやフォーマルの括りに囚われる事無く、様々なシーンにおけるスタイルをご提案させて頂いております。』

Suit: ¥52,500(税込) (オーダー価格)
Shirt: ¥8,295(税込) (オーダー価格)
Chief: ¥1,890(税込)
Tie: スタッフ私物
Shoes: スタッフ私物
e0147787_1146135.jpg

定番のグレンチェックに白のワイドカラーシャツ。
e0147787_1146185.jpg

"紺のドットタイ小剣ずらし"+"華やかなドットチーフ"。はっきりとしたチェック柄スーツにも、柄の違うドットタイがシックリはまります。
e0147787_11465086.jpg

内羽黒のストレートチップ。『手入れされた靴で、その人の印象が随分変わります。』という中村さんは時間があればよく乾拭きしています!!

ワードローブにチェック柄のスーツ、ジャケットをお持ちでない方、店頭にはサンプルもご用意しておりますので、ぜひ一度チャレンジされてみてはどうでしょうか!!次回はチェック柄のジャケットを紹介したいと思います。
[PR]
by randbluesginza | 2008-11-19 13:42 | Coordinate

"Pen 12/1号"



11月15日発売の"Pen"にR&BLUESが掲載されています。
タイトルは『ルールに縛られず、自分らしい服選びを。』です。
機会があればぜひCheckしてみて下さい。


表紙
e0147787_12561719.jpg


P108
e0147787_12563918.jpg


[PR]
by randbluesginza | 2008-11-18 14:01 | Press