'09 A/W - 54




A Time-Honored Fashion



e0147787_1254683.jpg

本日のブログは、昔ながらの"Hunting Style"における代表的なディテールのいくつかを独自にピックアップして作った"デザイン性十分 & 着回し易さ十分のHunting JK by R&BLUES"。こちらのJK、あくまでも"Hunting Style"のイメージは崩さずに、その着心地だけをモダナイズドしたSporty JKとなっています。

e0147787_12563731.jpge0147787_12544142.jpg


クラシックなハンティングJKはどうしても"堅い"、"厚い"、"重い"といった印象が....?! また、どっぷり"カントリー・テイスト"に落とし込んだJKは、カジュアル色が強すぎて以外と着合わせアイテムが単一的になりがち....。仕様(デザイン)等で少々カントリー・テイストに落とし込んだJKでも、どこかでモダン的(現代的/都会的)な要素を、例えば軽快な着心地(アンコン仕立て)であったり、斬新なディテールとクラシックなディテールを併用させたりetc....といったものがあればバランスよくなるのかもしれません。
そんなこんなでこちらのハンティングJKでは、まずR&BLUES JKお決まりの"芯無+パッド無"はもちろんの事、"シャツ袖(L)+大身返し(R)"といった仕立てにより"軽さ""柔らかさ"をいつも通り最大限に引き出しました。春夏から継続してR&BLUESでは、"とにかく着心地は軽く、疲れないJK(特にカジュアル用では)を。"と言う点を激しくプッシュしてきているので、ここでも当然の如くアンコン仕立てを採用しています(店頭サンプル商品の大半はアンコン仕立てです)。次にディテール部分ですが....

e0147787_12542397.jpge0147787_12545875.jpg


襟周りは、"襟裏人工皮革+チンストラップ"といった仕様。襟裏人工皮革に関してはすでにこのブログでもくどくUPしてますが、今回初登場なのが"チンストラップ"。通常時よりもJKの襟を立たせた時にそのディテールの存在感がいっきに際立ちます。もちろん、喉周りの防寒機能としてちゃんと釦留めもできるので、ただの飾りじゃ決してありませんので(笑)。 またこちらのチンストラップ、片面を人工皮革、もう片面をJK地と同じ生地で縫い合わせたリバーシブルモデル。実に手が込んでます!!(一番上の写真では、人工皮革部分が覗いてますね。)

e0147787_12552621.jpg

ベント部分にも人工皮革を。これは前回のブログで紹介した黒川店長のベント部分と同じ仕様ですね。実に斬新なディテール。クラシックのHunting Styleではまず見られない(=機能性が無いって事なんですが...)仕様です。普通に立っている時には目立たないんですが、座ったりポケットに手を入れたりするといい具合にチラッと覗くんですね。

e0147787_12554758.jpg

こちらもお馴染みの襟裏と同じ色・素材のエルボーパッチ
最近、R&BLUES JK受注分の内、エルボーパッチ仕様付のJK率が非常に高い!!!!エルボーパッチ付のJKが1日数点も売れるテーラー屋もそうないのでは(笑)。 そして、来店して下ったお客様の来店理由の中には、Yahoo検索で『エルボーパッチ、JK』と打ち込んだら、うちのブログがなんとTop Pageに出てきたみたいで、それを見て来て下さる方も。いやぁ、このブログの販促効果っぷりにもちょっとビックリしましたね!! くどく繰り返す意義、ここにありです(笑)もちろん、スタッフの秋冬JKすべてにエルボーパッチ(人工皮革or共地)が施されています。『これって流行りじゃないんですか??』と聞かれる事も多いのですが、その仕様が"流行"と思って着てしまうとやはりそれは"流行"止まりで、翌年着るのに抵抗を感じるかもしれません。が、流行ではなく自分の好きなスタイルの1つとして着るのであれば、サイズが合う限りずっと着れちゃいますね!!たぶん....。
次に、袖口本切羽部分の人工皮革仕様。これも機能性のないただのアクセントです。が、こう言った仕様がクラシックなHunting Styleに適度なSpiceを与え、いい具合にモダナイズされた感を出してくれるんですよね。ちなみに、上記のベント部分の人工皮革仕様と袖口部分の人工皮革仕様に関しては、R&BLUESオリジナルの仕様になります。こういった見えそうで見えない仕様、そそられますねぇ。個人的に大好物です、こういった仕様(笑)。 まさにオーダーだからこそ出来てしまう妙技、皆さんいかがでしょうか!!

e0147787_12555839.jpge0147787_12561320.jpg


腰ポケット、胸ポケットと"プリーツ・パッチポケット"になっています。これはチンストラップエルボーパッチと同じで、Hunting Styleの代名詞的ディテールとして有名です。その他にも、ガンパッチ(肩部分に別布(革)が付く仕様)やアクションプリーツ(後両肩部分に付くプリーツ)、バックベルトといった仕様もありますが、こちらのものからはあえて省いています。(もちろんお付けする事は全然可能ですので!!)
ではあえて省いたその理由は......."インパクト"は好きなんですが、なんでも"Too Much"はちょっと.....。そうですね、他で例えるなら...お寿司に醤油を付けすぎたり、水炊きでポン酢にどっぷり白菜を付けたり、ゆで卵に塩を付けすぎたり、お好み焼きに鰹節をまぶし過ぎたりなども、私の許せない"Too Much"シリーズですね。そのモノの"元"の味(良さ)が半減してしまうとういうか....。エルボーパッチ、ガンパッチ、アクションプリーツ、バックベルト、4プリーツパッチポケット、チンストラップなどが全部付いたJKには、きっと鷹or猟銃も必要です....といった超個人的な理由で省かせて頂きました(笑)。

e0147787_125712.jpg

いかがでしたでしょうか!!最後に写真では伝わりにくいんですが、こちらのJK非常に軽いです。秋冬の生地はただでさえ重いので、あえて副資材等を省いたものぐらいで丁度いいのかもしれません。(真冬は、中にニット等のインナー、外にはアウターを羽織ると思うので。) 胸部分の芯地を抜く事で生地の弛み等は出ませんか....という質問もよく受けますが、確かに薄いスーツ地等で作ると出やすいかもしれませんが、ジャケット地で大身返し仕様(1枚仕立て。身頃は生地が2重になります。)にしている分には、そういった弛み等は感じられません。もし気になる方は、シャツ袖の肩パッド無仕様で、胸芯有(R&BLUESの胸芯は極薄ですので)の仕様でも全然◎だと思います。一度、店頭のサンプルで着比べてみて下さい。Relax, Sporty, Mix & Match,すべてを包括したR&BLUESのHunting Jk、サラッと着て頂けるかと思います。是非、現物をご覧に一度いらしてみて下さい、お待ちしております!!


*********************************************************

→→【R&BLUES Official Homepage】←←

*********************************************************

→→ 【Access to R&BLUES】 ←←

*********************************************************


[PR]
by randbluesginza | 2009-10-05 17:05 | Product Info