'09 S/S - 96



Love of Things



今日はオーダーデニムの色落ち加工等において
個人的に『これはカッコいいな!!』と思う組合せを紹介します。

生地は人気の14ozのセルビッチ付きデニム(力織機)を使用。
このデニム地は、レギュラーの14ozデニムよりも生地表面に凹凸感があり、
触った感じも少し肉厚な感じがします。

この1wash状態の14ozデニム(力織機)に,
1:【バイオストーン】...色落ち加工
2:【ひげ+ブラスト】...ダメージ加工

を入れるとこんな感じに仕上がりになります。
(裾とポケット口にダメージ加工も入れています。)

e0147787_12161552.jpg

股上も浅すぎず深すぎず、裾幅を気持ち細くしたサイジング。
こういった風合いのデニムは少しゆとりをもって履くと雰囲気が出ます。

e0147787_12163126.jpg

ロールアップすると生地耳も見え、
サイドのアタリも綺麗に出ていていい感じです。

e0147787_1245035.jpg

綺麗な"バイオストーン・ウォッシュ"と"ひげ+ブラスト"。この組合せ◎

e0147787_1251696.jpg

贅沢にもコインポケット生地耳仕様。

太腿部分の程よい(色の)立て落ち、
アウトシームの生地耳によるアタリなど、
程よいUsed感風合いある色落ちデニムとして仕上がります。
もちろん、同じ生地で色落ち加工等をせずに
根気良く履き続けて頂くとこのような感じになります。
(履く人のクセ<体型・姿勢etc>によって
色落ちの仕方やひげの付き方は変わります。)

1washの状態から自分色に根気良くデニムを育てるもよし、
色落ち加工等を入れてUsed感をいきなり楽しむもよし、
デニムの育て方は自由、且つ無限!!!
愛着もって履けば履くほど、
デニムはそれに答えて、良い生地表情を出してくれます。


新作商品(モノ)がどんどん溢れ出てくる今の世の中、
1つのものを長く着続ける、履き続ける、使い続けると言った
『物に対する愛着心』
みたいなものを忘れてしまっていると感じる時ありませんか?
R&BLUESオーダージーンズではこんな時代だからこそ、
"愛着湧くこだわり"1本
お客様と一緒に作っていく事を目指しています!!


最後に私が敬うデニムの師は、私が高校生の時に
『朝起きて何も迷わず手にとってしまうようなデニム、これが理想やわ。』
と言っていました。(私にとってこれは名言です。)
『愛着の湧くデニムか~。』
とその奥深さに感動したのを今でも覚えています。


********************************************************

'09 Summer Clearance


*********************************************************

→→【R&BLUES Official Homepage】←←

*********************************************************

→→ 【Access to R&BLUES】 ←←

*********************************************************


[PR]
by randbluesginza | 2009-07-07 14:04 | Custom Jeans